アニメーション習作2

というわけで、通っているのである。
アニメーションの学校に。

おかげで家で仕事をしているだけでは知り合えなかっただろう、ピチピチの若い人たちや第一線で活躍しているプロのイラストレーターの方とも親しくなった。
みんなが昼間仕事をしていたり、別の学校に通っていたりする。
そういう中で「アニメーションが作りたい」という、共通の志を持っているのだ。
素晴らしい仲間たち。

石の上にも三年。
千里の道も一歩から。
どんなに仕事が立て込んでいても、アニメーションを作る時間は捻出すると決めている。
82歳の久里洋二先生は今でも週にひとつは制作されているらしい。
誰かが出来ていて、私に出来ないはずはないのだ。
やるか、やらないか、それだけ。

誰にでも必死にやるべき時が、心血を注いで何かに向かうべき時が、生きている中で何度か来る。
それが今だと感じている。
どうやら見えない誰かが「とにかく描け。四の五の言わずに描け。描くのじゃ〜〜」と言っているようだ。
だから暫くは多少の不義理は許して頂こうと思っている。

ワイフワークのようになってきた技法書では毎回90点くらいの絵を描いていて、来年は4冊出版される予定だ。

アニメーションは1秒8枚の絵で動かしている。
つまり60秒動かそうとすると480枚の絵が必要なわけだ。

道程は遠く果てしない。
だからコツコツ。
コツコツだよ。
日々自分に言っているのである。

それにしても楽しい。
技法書で植物の絵をかくのも楽しい。
アニメーションも楽しい。
ワクワクだ。
こんなにドキドキワクワクしているのは久しぶりの気がする。

このアニメーションはグループ制作でのダンス課題で、5人一組となり各自20秒を受け持った。
私は40枚(5秒)をリピート。
音楽はみんなで決めた曲は著作権の問題があり使えないので、これはiMovieでつけた。
無計画にダンスを観ながら我武者羅にドローイングして、それを繋げていっただけなので、突っ込みどころ満載である。
千里の道の、1,2歩目という感じ。



[PR]
by tomokotashiro | 2010-08-02 13:17 | animation
<< ホームページ開設&本の出版のお知らせ アニメーション習作1 >>